#chiroito ’s blog

Java を中心とした趣味の技術について

OpenJDK を開発する流れ

自分が使うコマンドをうっかり忘れるときがあるのでその備忘録のために、開発の流れとそこで使ってる内容をメモ。

公式のガイドはこちらを参考にしてください。The OpenJDK Developers' Guide

OpenJDK の開発は以下のような流れで行います。

バグを上げる

おかしい動きだなぁとか新しい機能を追加するときは Java Bug System に Issue をあげます。 System Dashboard - Java Bug System

開発の準備

開発を始めるには OpenJDK のソースコードやテストツール、レビューツールを使います。これらは OpenJDK のリポジトリからダウンロードできます。 ダウンロード先は/srcディレクトリとしますが、任意のディレクトリで大丈夫です。

OpenJDKのソースをダウンロード

cd /src
hg clone http://hg.openjdk.java.net/jdk/jdk

参考:The OpenJDK Developers' Guide: Repositories

jtregをダウンロード

次に、テストツールである jtreg をダウンロードします。

cd /src
hg clone http://hg.openjdk.java.net/code-tools/jtreg

webrevをダウンロード

最後に、レビューツールである webrev をダウンロードします。

$ cd /src/jdk
$ wget http://hg.openjdk.java.net/code-tools/webrev/raw-file/tip/webrev.ksh

パッチを書く

お好きな方法でパッチを書いてください。私は Java の API やテストコードは IntelliJ IDEA で書いて、Hotspot JVM は Eclipse で書いてます。世の中には Vim や Emacs で開発してる人もいます。

IDE を使う方法はこちらで紹介されてます。

ビルド

jtreg のビルド

まずはテストツールからビルドします。これはとりあえず一回だけで良いです。

cd /src/jtreg
bash make/build-all.sh /usr/lib/jvm/java-1.8.0

OpenJDKのビルド

次に OpenJDK をビルドします。以下はデバッグするためのオプションを付けてます。 ビルドをするまでの設定はとてつもなく長いのでこちらを参照して下さい。

Building the JDK

cd /src/jdk
bash configure --enable-debug --with-native-debug-symbols=internal --with-boot-jdk=/usr/lib/jvm/java-11 --with-jtreg=/src/jtreg/build/images/jtreg

make images

configure が再度必要になったらmake reconfigureで前の引数などを引き継いで実行してくれます。

テスト

コードを書いて、ビルドして、テストしてということを繰り返すことになりますが、OpenJDK には大量のテストが含まれているため最初から全てのテストを実行すると途方も無い時間が掛かります。なので、開発中は自分が書いている部分のテストだけを実行して、デバッグしてます。

参考:Testing the JDK

自分が書いたテストを実行

特定のテストの実行はmake test TEST="自分が書いたテストのファイル"で実行します。以下のように実行します。

cd /src/jdk
make test TEST="test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java"

出力

Building target 'test' in configuration 'linux-x86_64-server-fastdebug'
Skip building of Graal unit tests because 3rd party libraries directory is not specified
Skip building of Graal unit tests because 3rd party libraries directory is not specified
Test selection 'test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java', will run:
* jtreg:test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java

Running test 'jtreg:test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java'
Passed: jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java
Test results: passed: 1
Report written to /src/jdk/build/linux-x86_64-server-fastdebug/test-results/jtreg_test_jdk_jdk_jfr_jcmd_TestJcmdConfigure_java/html/report.html
Results written to /src/jdk/build/linux-x86_64-server-fastdebug/test-support/jtreg_test_jdk_jdk_jfr_jcmd_TestJcmdConfigure_java
Finished running test 'jtreg:test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java'
Test report is stored in build/linux-x86_64-server-fastdebug/test-results/jtreg_test_jdk_jdk_jfr_jcmd_TestJcmdConfigure_java

==============================
Test summary
==============================
   TEST                                              TOTAL  PASS  FAIL ERROR   
   jtreg:test/jdk/jdk/jfr/jcmd/TestJcmdConfigure.java
                                                         1     1     0     0   
==============================
TEST SUCCESS

Finished building target 'test' in configuration 'linux-x86_64-server-fastdebug'

レグレッションテスト

自分で書いたテストが通るようになったら、レグレッションテストのためにtier1と言われるテストを全部実行します。

cd /src/jdk
make test-tier1

レビューの作成

webrevを使ってwebレビューを作成します。-cオプションで指定するのはIssueの番号です。JDK-の部分は不要で番号だけで大丈夫です。

cd /src/jdk
ksh ./webrev.ksh -m -N -c XXXXXX

出力

   SCM detected: mercurial

 No outgoing, perhaps you haven't committed.
      Workspace: /src/jdk
      Output to: /src/jdk/webrev
   Output Files:
    (略)
     index.html: grep: /home/chito/.hgrc: No such file or directory
Done.
Output to: /src/jdk/webrev

webレビューのアップロード

> scp -i <秘密鍵> -r JDK-8216565/webrev xxx@cr.openjdk.java.net:~xxx/JDK-8216565/

レビュー依頼

Request for review の略語であるRFR:とissueの番号とタイトルを付けてメールします。

コミット・プッシュ

ユーザ情報を追加

コミットするには hg にユーザの登録が必要です。/src/jdk/.hg/hgrc に自分のユーザを設定します。(Author以上?)[ui]usernameを設定しましょう。

[paths]
default = http://hg.openjdk.java.net/jdk/jdk

[ui]
username = xxx

参考:The OpenJDK Developers' Guide: Repositories

コミット

コミットメッセージを作成します。必須なのは、issue番号とタイトル、レビューしてくれた人のusernameです。

参考:The OpenJDK Developers' Guide: Producing a Changeset

message.txt

8216565: Specifying the same path creates a new directory in JFR.configure
Reviewed-by: ysuenaga, egahlin

コミットしましょう。

hg commit -l message.txt

コミッタになればここで push します。

チェンジセット作成とアップロード

Author 以下の場合は push を誰かに頼みます。 頼むためのチェンジセットを作成します。

hg export -g > changeset

チェンジセットをアップロードします。

> scp -i <秘密鍵> -r changeset xxx@cr.openjdk.java.net:~xxx/JDK-XXXXX/

連絡

チェンジセットの URL を添えて「push してと」メールを送ります。