読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#chiroito ’s blog

Java を中心とした趣味の技術について

ADVM+iSCSI

ASM ストレージ 11.2.0
ADVM(ASM Dynamic Volume Manager)で作成したボリュームをiSCSI Enterprise Targetで共有してみます。

目標

ADVMで作成したボリュームをiSCSIで共有する

環境

Target側
Oracle Enterprise Linux5.5(Oracle VM上)
Oracle Grid Infrastructure 11.2
・ADVMでボリュームを構築済み(例:/dev/asm/vol-464)

ダウンロード

iscsitarget-1.4.20.2.tar.gzをietから/home/xxx/にダウンロードします。
iSCSI Enterprise Target

iscsi enterprise targetのインストール

[root@localhost]yum install kernel-xen-devel.x86_64 openssl-devel rpm-build rpm-libs
[root@localhost]chmod 777 -R /usr/src/redhat/
[root@localhost]su - xxx
[xxx@localhost]rpmbuild -ta iscsitarget-1.4.20.2.tar.gz
[xxx@localhost]exit
[root@localhost]rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/*

iscsi enterprise targetの設定

[root@localhost]vi /etc/iet/ietd.conf
Target [ターゲット名]
Lun 0 Path=/dev/asm/vol-464,Type=fileio
なお、Typeをblockioにしたら認証までは出来てもデバイスとして認識されませんでした。
また、ターゲットとイニシエータも同一サーバで動く仮想マシンにするとイニシエータが接続した瞬間にイニシエータ側が落ちました。