読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#chiroito ’s blog

Java を中心とした趣味の技術について

insertの投げ方による実行時間のカラム数増加による推移

Seasar Java 検証

概要

 読取元のテーブルからデータを取得、データの加工し、書込み先のテーブルへ書き込む場合にカラム数を増加させることにより実行時間にどれくらいの変化があるかを検証します。実装方法は「単発のinsertをレコード数繰り返す」、「bulk insert」、「insert-select」のケースで検証します。
実装方法と件数による違いはこちら「insertの投げ方による実行時間検証

環境

Databaseサーバ
  • Oracle VM VirtualBox version.4.0.8
  • Oracle Enterprise Linux release 5.5
  • Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0
プログラム実行環境(APサーバの代わり)
  • Windows 7 Ultimate
  • Eclipse Java EE IDE for Web Developers.Helios Service Release 1
  • S2JDBC
  • Java 6.0 update 18

結果

カラム数は2、100、400、700、1000で行いました。

カラム数を変化させた各実装方法の実行時間(縦軸:実行時間(秒)、横軸:カラム数)

Java側で様々な処理を行っている「単発」と「バルク」でのボトルネックはorg.seasar.extension.jdbc.util.BindVariableUtil.getCompleteSqlメソッドでした。
単発の場合は全体の実行時間の約70%、バルクの場合は約95%以上を占めていました。

カラム数1000での単発の実行時間(セルフタイムで降順)

カラム数1000でのバルクの実行時間(セルフタイムで降順)

おまけ:カラム数1000でのinsert-selectの実行時間(セルフタイムで降順)